スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1到着

2006年02月09日 21:26

仕事に行く前に郵便受けを覗くと、P.A.S.から封筒が届いてた。
リードナンバーF1…っつっても、第一話目だからどのPCのものかわからず…。
F1ってゆーくらいだから、レースか? とか、アホなことを考えつつこっそり開封。
奏の方でした(笑)
オープニングストーリーで言えば、04「よみがえる演目 君は青い蝶を見たか」ってやつですな。
第一希望は08だったので、見事に第二希望に飛ばされた…と。
テラーは志摩英子テラー。うむ、初めてお目にかかる人だ。
とりあえずチラ見で、第一章の最初の方に奏が出ていたのを確認。
しっかり読むのは休憩時間じゃーと、仕事へ。
最初だから出番もそんなもんよ…とか思いながら迎えた休憩時間。
読んでみたら何か出番多いのな(汗)
第一章のほとんどの場面で出てるんですが…。
ヘタレパッセなので、次回以降はで番減ること間違いなし!

同リードにキャラシを頂いた方お一人発見。
参照用住所録はE1とG1。E1の方にもお一人発見。
…うちの愛を見かけた方、教えてください…。

ともあれ、移動はたぶんしないので、同リードの皆様、よろしくお願いいたします。

っつーわけで、F1の内容などを書いてみます。
ネタバレなんで気をつけてください。
携帯で見られる方は本当に気をつけてください。


F1第一話は序章+第一・第二・第三章で構成。
序章は久々津名神社に出来た大きな穴と、神社を訪れた人たちが行方不明になったということ。

第一章は穴の中の様子。穴の中は時間が狂っていて、ヴァイオリンを弾く妙な男がおり。青い蝶と白い猫も現れ…。青い蝶が消えるとそこに台本が…。
首がポロリと取れ、医者にも「正真正銘死んでいる」とか言われた妙な男、『男爵』。えらい人が嫌いで、学園長に会わそうと思ったらあちらへこちらへと逃げ出すし…。ま、そのおかげで男爵と追いかけっこをしたうちの奏の出番が増えたんですけどね(笑)

第二章は巨大な立体ビジョンで『織田信長』を名乗る男が、世界を支配するために蘇ったとか、「七本槍」がどーとか言いますが、この場面はたぶん他のトコでもあるんじゃないかな。
この章で台本の翻訳が終わり(男爵のおかげで完璧に)。もっと引っ張ると思ったんだけど…。

第三章はミュージカルのオーディションの会場。審査員紹介の場面で、何やら巨大な蜘蛛が現れ、さあ大変!

って所で第一話終了。

次回GPはオーディション関係のみ。
第一章に集中して出ていた奏や、他のPCさんたちにどうしろと(汗)
ヒロインって柄じゃねーし、運営とか準備とかも違うだろ? 参加者守るっきゃないのかィ?
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。