スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O1到着。

2007年04月06日 22:39

本日、WOSのO1リードが届きました。

というわけでいつも通りご報告。

タイトル:『欲望の交響曲』
テラー:横田理恵テラー/渕上哲也テラー 共著
PC数:28名
NPC数:9名
総ページ数:10ページ

ラスはですね、愛称が描写されてました。
ニーチェの側にもいるわけで。
ただし、面白い掛け合いはナシですね。
あと、ルーがお世話になっている組織、センの社員さんが冒頭から出演。
思わず、おおっと声をあげてしまいました。

今回のO1は麻薬がらみの描写が多かったですね。
ニルバティーさんと、その周りにおられる方々。
こう、なんていうか、ラスを投入した緋勇としては気になるのはもちろん、魔道十宮なのですが、
いかにもノーブルな退廃的な雰囲気とでも言いましょうか、気だるさ、快楽、享楽、なんかそんな言葉が似合う場面の多さに、思いっきりドキドキしてまって(笑)
正直、一番最初【ノーブルらしからぬノーブル】として設定していた、
リオを投入したら面白いかもなーとか思いました。

まあ、魔道十宮の方も、これくらい描写してよっ!
と、言いたくなるほどの差があったのは悲しいですけどね(くす)

ただ。差があるだけにGPで迷わなくて済むのは確か。
殺人事件に係わろうとしたら、正攻法で二つっきゃ選択肢ないし。
ラスの性格だと、遠回りしたりとか、こっそり手を回してとか、
そんなんしそうになく、むしろ真正面から突っ込んでいく(笑)ので、二つのうちどっちか。
っても、99%決まってますけれど。

WOS組の3人はGP決定。
あとはどう動くか、一番大切な問題のみ。
GPから迷ってるロマブレよりは、考える時間はあるかな。
いや、PCが3人になったので、同じかな(笑)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。