スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん…

2008年11月28日 01:10

先日の三連休は一日目は奈良へ、二日目は大阪へお出かけでした。
一人旅というほど大げさなものではありませんが、なんかまったりして来ました。
大阪では久しぶりのお買い物なんかを致しました!
やーもう、あんなに使う予定じゃなかったんですが…。
気付いたら相変わらずの散財(汗)
でも気に入ったからいいんだよぅっ。

っていうか、久しぶりにお会いしたのに愚痴を聞かせてしまってすみませんでした。
しかもゲームの愚痴だし(←

とりあえずこの日記の前の記事で色々書いたので経過の報告等を…。
元気です。落ち着いてます。
モヤモヤというものは、けれどもまだほんの少しだけあったりしますが、
それも例えば一瞬のことであったり、すぐに気持ちが切り替えれたりもします。

何にもなかった頃のようにウロウロしてますが、それだけにPBCがおろそかに…。
ちょっと軌道修正しないとです。期間限定なのに…。
スポンサーサイト

気分転換

2008年11月17日 01:50

というわけで登録していた期間限定のPBCに参加してきました。
何度か書いているのですが、緋勇は後入りというのが苦手です。
あ、ちなみに誰かが入っているチャット内に後から入ることを後入りと言います。
誰もいないチャット内に入るのは、先入りで、緋勇はもっぱらこのタイプ。
後入りは正直かなり勇気がいるのですよね。
でも今日はそれをしましたよ! 今回のサイトでは初めての後入り!
そしてまったり楽しんで来ました。

実はチャットに入る前に、いっぱい泣いたのですよ。
家族と一緒に住んでいるので、声を出して泣くのは何だか恥ずかしく、
あれだけショックなことがあっても出来ませんでした。
でも失恋の曲とか流していっぱい、いっぱい泣きました。声あげて泣けました。
それで少しスッキリしたのかな、楽しい時間を過ごせたのです。

とはいえ、それでもう大丈夫とは言えないのが辛いところ。
たぶん明日も明後日も、不意に涙がこみ上げてきちゃったりするんでしょうね(汗)
ってかこんだけ泣いたのは何年ぶりでしょうか。
十年ぶりくらい? いや、もっとかな?
泣くという行為を久しぶりに思い出しました(笑)
買い漁った心理学やら何やらの本にも、泣きたい時は泣け、との言葉がありましたし、
聞いていた曲の歌詞にも『涙』や『泣く』の言葉がありました。
恥ずかしいことではなく、きっと大事なことなんだろうな、と…。
そう思えたことは良かったかな?

って、またなんでこんな文章になるかな、もう…。
だから無理やりPBCに話を戻す。

後入りなんてのも経験しましたし、もう一つ別のサイトにキャラ登録しようかなと考えています。
楽しい時間をたくさん持てたら、ちょっとくらい悲しくても大丈夫。
そう思います。

昨日は…

2008年11月16日 20:31

パソコンの電源を入れないという、ここ数ヶ月では考えられないようなことをしました。
先日までは夕食が終わったらすぐに電源入れて、ソレンティアにログインしてたんですけれど、
電源を入れたいと思わなかったです。
どうやら思った以上にダメージが大きいです。
何かをしていても不意に涙がこみ上げてきたりして、毎日のように泣いてます。
今日もまた泣いちゃったな…。

自分のキャラに申し訳ない気持ちでいっぱいなんですね。
なりきりとはいえ、キーボードを叩いて台詞や行動を書いているのは緋勇です。
もっと違った台詞を書けば良かった、もっとこうすれば良かった、ああすれば良かった、
そしたらこの子はもっと違った運命を辿っていたかもしれない、と…。
どうしても緋勇は緋勇自身を責め続けてしまいます。

どうしたら泣かないですむのかと、心理学の本を買いあさって読んでます。
自分と自分の中にいる、キャラの心を癒したいと思って、前向きになれる本、とか…。
読んだその時はなるほどと思って、少しは元気出たかなと思うのですが、
そう簡単にはいかないみたいです。

切なくて悲しくて、苦しくて寂しくて、申し訳なくて…。
ソレンティアはゲームです。たかがゲーム、です。
使うキャラも出会うキャラも全て架空の存在です。
でも数日前まではソレンティアに重きを置いた生活をしていました。
自分の作ったキャラと心を合わせ、友人や大好きな人との会話を楽しんでいました。
緋勇の中で全てがどんどん大きくなって行き、仕事中でもそのことを考えたり、
ソレンティアの出来事で仕事中にミスしたり、そんな生活でした。

だから消えません。様々な感情がまだ緋勇の中で燻っています。
今、いきなり怒れと言われたら怒れます。
十秒で泣けと言われたら泣けます。
早く復帰したいという気持ちはあるんです。
卒業を撤回してくれて良かった、待ってる、と多くの人に言ってもらえて、
その人たちのためにも頑張らなくっちゃ、と。
でも本当に難しい。
やっぱり卒業した方が楽だったのではないだろうかと思ったりもします。

どうにも情けないですね。しかもなんだか支離滅裂。
こういう経験が出来て良かったと思うべきかもしれませんが、そこに至るまでは時間がかかりそう。

とりあえずソレンティアは一日数十分だけにして、後はPBCに力を注ごうと思います。

やれやれ…

2008年11月14日 19:10

またしても放置のし過ぎとゆー、とんでもないことをしでかした緋勇です。
や、なんていうかあれです。ソレンティアとかMMOとかPBCとか、
そういうことで時間をいっぱい使ってしまってました!

って、自慢にはなりませんねぇ…。
そしてアルカナの方は数ヶ月アクトを送らないという暴挙をしでかしてみたり…。
アクトを考える余裕がなかったんですよ、という言い訳はダメですね。
本気で頑張ろうと思うなら時間は自分で作れるものですし、
それなのに何もしなかったということはそれだけ熱情が冷めてしまったということです。

また、ソレンティアのキャラの身にもたくさんの出来事が起こりまして、
再び卒業ということを考え、更にはソレンティアの撤退も考え…。
しかしまた残ることになりました。
あー。なんて優柔不断な子でしょう。

緋勇だけが楽しむなら今のキャラを消して新しいキャラを作り、
新しく学園生活を始めれば良いのですが、卒業を決めてもうちのキャラは色々迷ってました。
確かに色々あって、それは楽しかったり嬉しかったりしたこととは正反対で、
ダメージ事態は大きかったし、緋勇自身もその感情に引き摺られて、まるでその子になったような、色んな感情を味わいました。
そしてプライドが高いというオバカな一面を持つ緋勇は、こんなのはもう嫌! と…。
緋勇として卒業を決めちゃってたような気がします。

けれど、キャラの心と向き合うことを教えてくれた方の通りに心を向けてみたら、
その子は卒業なんて望んでませんでした。
もちろんすぐに今までどおりになるというのは絶対に無理。
それでもその子はソレンティアという学園で、もっと色んな思い出を作りたいと思ってたので、
卒業を撤回し、休学して暫く故郷に帰るということを選択しました。

気持ちが整理出来るのはいつになるかはわかりません。
でも、きっとある時、フッと軽くなることがあると信じています。
その時は再び学校に戻り、楽しい思い出を作って行こうと…。
一緒に頑張ろうね、と、その子とも決めたんですよ。
自分と自キャラと会話、なんて、おかしいかもしれませんケド、
その子は緋勇が作成した架空のキャラですが、それでも緋勇の一部です。
共に協力し合い、みんなの所へ笑顔で帰ろうね、って。

…まあその子のお兄ちゃまは鈍くなるとはいえ動くかもですが…。


とりあえず、数日前、大きな出来事が起こる前に登録したPBCのキャラを動かさねばっ!
期間限定だから早く動かないと…。お試し期間中に参加がなかったら、削除されてしまう!
それだけは絶対避けねばっっ!!
頑張れ、私…。ふぁいとー!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。